釣りを快適にする 釣り用ウェストバック・ヒップバックの選び方

釣りを始める多くの初心者にとって、機動性と効率性は重要です。釣りの際に必要なアイテムを整理し、手元にすぐに取れるようにするためには、ウエストバッグやヒップバッグが非常に役立ちます。この記事では、初心者でも理解しやすいように、これらのバッグの役割と選び方について説明します。

スポンサーリンク
目次

1.はじめに

釣りにおけるウエストバッグ ヒップバックの基本的な役割

 釣りをする際、手元に必要な道具をすぐに取れるようにすることは非常に重要です。ウエストバッグは、釣りの人のベルトのようなもので、ルアーなどの必要なアイテムをすぐに取り出せるように収納できます。これにより、手ぶらで釣りを楽しみつつ、何か必要になってもすぐに対応できるようになるでしょう。

初心者が釣りを始めるにあたってウエストバッグがどう役立つか

 初心者にとって、釣りを快適にするためのアイテムの一つとして、釣り用具を持ち運びながら、必要な用具をすぐに取り出したりしまったりできるバックがあります。その中で腰にベルトのように巻くウエストバッグは、釣りを快適にするための手助けをしてくれます。たとえば、ポケットがいっぱいのズボンを想像してみてください。ウエストバッグは、そのズボンのポケットがたくさんついたベルト版で、必要なものを全てそこに入れておくことができるのです。

2. 釣り用ウエストバッグの選び方

釣りのスタイルに合わせたウエストバッグの選び方

 釣りのスタイルには色々あります。海で行うソルトウォーターフィッシング、川や湖でのフレッシュウォーターフィッシング、そして岸辺からルアーを投げるショアジギングなどです。海では水や塩分に強い材質のバッグが望ましく、川や湖では軽量でコンパクトなバッグが適しています。ショアジギングのように動き回る釣りでは、身体にフィットし動きやすいバッグを選ぶべきです。

サイズ、形状、容量などの選択基準

サイズは、持ち運ぶ道具の量に合わせて選びます。小さなバッグは動きやすいですが、大きなバッグはより多くの道具を収納できます。形状は、体に快適にフィットするものを選び、容量は1日の釣りで必要な全てを収められるサイズを考えましょう。

3. 動きやすさを重視する釣り人へのおすすめ

ウエストバッグ ヒップバックのメリット

 ウエストバッグは腰にしっかりと固定できるため、体を自由に動かすことができます。これは、特に広い範囲を動き回る釣り方に最適です。たとえば、岩場を登ったり、砂浜を歩いたりする際に、道具が邪魔になることなくスムーズに移動できるのです。

動きやすさを重視したウエスト・ヒップバッグ

 動きやすさを最優先するなら、軽量でコンパクトなウエストバッグを選びましょう。重要なのは、バッグが体にしっかりとフィットし、中身が簡単に取り出せることです。さまざまなデザインがありますが、例えば多くの釣り人に人気のあるモデルには、複数の小さなポケットや取り外し可能な部分があり、必要に応じて調整できるものもあります。

4. 収納力を重視する釣り人へのおすすめ

ウェストバックのメリットと、大量のタックルを持ち運ぶ際の利点

 ウェストバッグは、多くのタックルや追加の装備を必要とする釣り人にとって理想的な選択肢です。これは、一つの大きなポケットのように、すべての必需品をひとまとめにして持ち運ぶことができるからです。たとえば、長時間の釣りや変わりやすい天候の下で釣りをする際、予備のルアーや追加のリールを収納するスペースが必要になります。ウェストバッグは、これらをすべて収めて、それでいて移動を妨げない設計になっています。

収納力に優れたウェストバック

 多機能ウェストバックには、分割された多数のコンパートメントがあり、ルアーや針、線などを分けて収納できるため、必要な時にすぐにアイテムを見つけることができます。一部のモデルには、側面に伸縮性のあるメッシュポケットが付いており、飲み物や小型のタックルボックスを入れるのに便利です。

5. 機能性を高めるディテールの重要性

ホルダーやポケットの配置と機能性

 ホルダーやポケットの配置は、釣り中の使い勝手に大きく影響します。例えば、すぐに使いたいアイテムはバッグの外側や上部のポケットに入れ、使用頻度の低いアイテムは内側や下部のポケットに収納します。これにより、必要なアイテムを素早く取り出すことができ、釣りの効率を高めることができます。

6. 材質で選ぶウエストバッグ・ヒップバック

防水性や耐久性が求められる釣りの環境と、そのための素材選び

 釣りをする際には、水しぶきや雨にさらされることが多く、バッグの内容物を乾燥した状態で保つことが重要です。高品質の防水素材や撥水コーティングされたものは、濡れた環境での釣りでもバックの中身を保護します。また、岩場や草木の多い場所での使用を想定すると、耐摩耗性のある素材が適しています。

さまざまな環境条件下での素材のメリットとデメリット

 防水性の高い素材は水を遮りますが、時には重くなったり通気性が低かったりすることがあります。逆に、軽量で通気性の良い素材は快適ですが、耐久性や防水性が低下することがあります。バッグを選ぶ際には、使用する環境とのバランスを考えることが重要です。

7. おすすめウエストバッグ・ヒップバック8選

初心者にも扱いやすいウエストバッグの選び方と、実際におすすめの商品を紹介します。これらの商品は機能性とデザイン性を兼ね備え、使いやすさと耐久性を考慮して選ばれています。各商品の特徴について以下に説明します。

ハイパーリッジPFG(コロンビア)

    出典 アマゾン

商品説明

PFGアスリート、秦 拓馬氏と伊藤 巧氏とのコラボによるヒップバッグは、釣り愛好家のために特別設計されている。コロンビアの撥水機能「オムニシールド」を搭載し、小物の整理に便利な複数のポケット、プライヤーホルダー、ランディングネットを収納できるバンジーコードを備えている。9L容量で、野外活動にも最適。秦氏の「Olive Drab Camo」モデルは「俺達」をテーマにしたカモ柄、伊藤氏の「Stone Green Camo」モデルは利根川をイメージしたデザインが特徴。釣りだけでなく、アウトドアシーンにも活躍する機能性とデザインを兼ね備えたアイテム。

仕様

素材600D OX(ポリエステル100%)

高さ/幅/奥行(目安)21cm×31cm×14cm

重量(g)560g

容量(L)9L

Abu Hip Bag Large 3 (アブ ヒップバッグラージ3)

    出典 アブガルシアHP

商品説明

メインポケットにはワーム類やジグなど釣り具がたくさん入る。余裕があるため、更に物を詰めることが可能。大きめのフロントポケットにはシンカーケースなどの小物が収納可能。小さなフロントポケットにはメジャーやリーダーラインなどが入る。 メッシュバックのサイドポケットにはペットボトルが入り、伸縮性のあるゴムで固定可能。ショルダーストラップがあり、釣り中も快適。Dリングにはプライヤーフォルダーが装備されている。 ラインカッターやその他のツールを付けられるループ状の部品が多数。底の部分にはロッドやリーダーを固定できる場所があります。 多機能で収納力が高く、陸っぱり釣りに適したヒップバッグ。長期間の使用にも耐える耐久性と便利性を備えています。

仕様

素材 表地 600D ポリエステルオックスフォード (裏面PVCコーティング)

   裏地 ポリエステルリップストップ

カラー オリーブ、ブラック、赤、ピンク、ターコイズの5色展開。

高さ/幅/奥行(目安)20cm×33cm×9cm

重量(g)560g

容量(L)6L

HG ヒップバッグ(C)【ダイワ】   

    出典 ダイワHP

商品説明

 大開口U字型ファスナーにより、バッグ内部が見やすく、道具の出し入れが非常にしやすい。フロントにはルアーマット付きポケットがあり、頻繁に使用するルアーの収納・取り出しが簡単で、ルアーチェンジもスピーディーにできる。さらに、スリットポケット、新構造のロッドホルダー、針が引っ掛かりにくい樹脂製メッシュのペットボトルホルダー(600mlまで対応)、プライヤーホルダー、Dリング、ショルダー補助ベルト、ベルトループなどが装備されている。本体上部には、簡単に収納できるレインカバーも内蔵されており、急な雨から中身を守れる。(完全防水ではありません)。体にフィットするV字取付けウエストベルトと蒸れを抑えるメッシュパッド背面で、長時間の使用でも快適性を保てる。

仕様

素材 ポリエステル

高さ/幅/奥行(目安)22cm×33cm×13cm

ヒップバッグ(D)【ダイワ】

    出典 ダイワHP

商品説明

 バス釣りの陸っぱりからショアシーバス、エギング、トラウト釣りまで、さまざまなルアーゲームに対応。特徴は、中型ボックスが2~3個収納できる広々としたメインルームと、開閉や取り出しが簡単なパイピング付き大開口部です。耐久性と快適性を兼ね備えた設計で、背面には蒸れに強いメッシュパッド、本体は型崩れしにくいボード入り構造を採用。さらに、プライヤーホルダー、Dリング、ベルトループ、簡易ロッドホルダーを備え、釣行中の操作性を高めます。水に強いPVC表面生地と、針が引っ掛かりにくい樹脂製メッシュのペットボトルホルダーも特徴。ルアーチェンジや収納物の取り出しをスムーズにする引手ベルトも装備されており、釣りのあらゆるシーンで活躍するバッグです。

仕様

素材 ポリエステル PVC

高さ/幅/奥行(目安)23cm×34cm×16cm

エメラルダス タクティカル ヒップバッグ【ダイワ】

    出典 ダイワHP

商品説明

 山田ヒロヒト氏監修の下、エギンガーのニーズに応える機能性を追求した釣りバッグ。水を弾き汚れが付きにくい撥水加工生地と、引き裂きに強いリップストップナイロン生地を採用しており、耐久性とメンテナンスの容易さを兼ね備えています。特に注目すべきは、エギマット付きフロントポケットで、交換用エギの収納とチェンジを容易にします。また、機動性と固定力を両立させた新構造のギャフホルダーが特徴で、ランディングネットステーも取り付け可能です。フタ部にはすっきり収納可能なレインカバーも内蔵されており、釣行時の突然の雨にも対応します。このバッグは、エギングに必要な機能を網羅しています。

仕様

素材 ナイロン リップストップナイロン 撥水加工生地

高さ/幅/奥行(目安)21cm×33cm×16cm

重量(g)560g

容量(L)9L

タフウエスト(シマノ)

    出典 アマゾン

商品説明

タフウエストは、7点のマルチポケットを備え、スナップやジグヘッド、フックなどの小物を目的別に整理して収納できます。外側のポケットは、必要なアイテムをすぐに取り出せるように設計されており、釣りの効率を格段に向上させます。ボトルホルダー、プライヤーホルダー、ロッドホルダーを標準装備し、グローブをした手でも開閉しやすい工夫も施されています。耐摩耗性のある生地をボトム部分に採用しているため、泥汚れや草汁が付着しても簡単に拭き取ることができます。さらに、保持性の高いウエストパッドが体にフィットし、しっかりと固定されるため、動きやすさと安定感を兼ね備えています。

仕様

素材 不明

高さ/幅/奥行(目安)  Mサイズ 21cm×32cm×10cm Sサイズ 17cm×29cm×10cm 

【マズメ】MZBK-768 mazume レッドムーンウエストバッグ V 

 2024年 4月下旬発売予定

    出典 楽天市場

商品説明

大野ゆうき氏の一言から生まれた、湾岸スタイルの釣りに最適なウエストバッグの新モデルで釣り愛好家の実際のニーズに基づいて設計され、使い勝手を重視した機能性とスタイリッシュなデザインが特徴です。片手で開閉可能な斜め配置のメインファスナーや、強化されたハードケース構造のボディが、釣り中の利便性とバッグの耐久性を大きく向上させています。また、防水性能を強化したターポリンポーチを採用し、貴重品や電子機器を安心して収納できるようになりました。プライヤーホルダーやドリンクホルダー、フロントポケット内の仕切りなど、実用的なシステムも採用されており、釣りをより快適に楽しむことができます。

仕様

素材 ポリエステル

高さ/幅/奥行(目安)16〜19cm×31cm×11cm

カラー  ブラック レッド ブラックデニム ブラックカスリ カモ

mazume SEATANK IV  2024年4月下旬発売予定

    出典 アマゾン

商品説明

このバックは、引手付きツインファスナーを採用している点で、これによりバッグの開閉が非常に容易となり、暗所でも手探りで簡単に操作できます。フルオープンが可能なため、中身を一目で把握しやすく、小分けにしたルアーボックスやケースの取り出しがスムーズに行えます。正面のサブポケットにはルアーを直接収納できるワレットが内蔵されており、ジグヘッドにワームをセットした状態でフォームに刺して保管できるため、ルアーローテーションの時間短縮に大いに貢献します。このワレットは洗浄可能で、頻繁な開閉にも対応するためベルクロ式になっています。さらに、フィッシュグリップホルダーやドリンクホルダー、セミウォータープルーフポケットなど、釣り中のさまざまなシーンで役立つ機能が満載です。

仕様

素材 ポリエステル

カラー ブラック ブラックデニム ブラックカスリ

8. ウェストバック・ヒップバッグ選びの注意点

初心者が見落としがちな選択時のチェックポイント

  • サイズとフィット感: バッグは体にぴったりと合うことが重要です。大きすぎると邪魔になり、小さすぎると必要なアイテムが入りません。
  • ポケットの配置: よく使うアイテムをすぐに取り出せる位置にポケットがあるか確認しましょう。
  • 開閉のしやすさ: 素早くアクセスできるジッパーは、使い勝手に大きく影響します。
  • 重さ: 空の状態でのバッグの重さもチェックし、できるだけ軽いものを選ぶことが長時間の釣りには適しています。

9. まとめ

 最適なウエストバッグを選ぶことは、釣りをより楽しく、快適にするための第一歩です。自分のスタイルに合ったバッグを見つけ、釣りの各瞬間に集中できるようにしましょう。釣りは単に魚を捕まえる活動だけではありません。それは自然とのつながりを感じ、日常のストレスから解放される絶好の機会です。適切なバッグを選び、釣りを最大限に楽しんでください。

ウエストバッグ選びのチェックリスト

  • 快適なフィット感はあるか?
  • 必要な道具を全て収納できる容量はあるか?
  • 道具へのアクセスは容易か?
  • 耐久性のある素材で作られているか?
目次